Lorem Ipsn gravida nibh vel velit auctor aliquet.Aenean sollicitudin, lorem quis bibendum auci elit consequat ipsutis sem nibh id elit

FOLLOW ME

TWITTER GPLUS FACEBOOK BEHANCE PINTEREST

会社案内

会社案内

Our Company

弊社は、昭和53年より、新宮港で港湾運送、船舶代理店、貨物運送などを主たる業務としております。新宮港は熊野灘に面する和歌山県南部(紀南地域)唯一の国際貿易港です。広域的にも重要な役割を担う拠点港であり、地元産業の振興に大きく寄与し、物流を始め、近年では、後背地が世界遺産の地として注目(「ロンリープラネット社」の世界的旅行ガイドブックにて、訪れてみたい世界の地域として紀伊半島がベスト5に選ばれています )を浴びる中、大型観光客船の寄港が多くなり、大勢の観光客が訪れて、人流による賑わいが増しております。
和歌山県下の港湾の中においては、物流・人流とも上昇傾向にあり、更に海外からの大型の観光客船が入港可能な大型岸壁が建設されました。このような港勢の中、弊社は主とした港湾運送業関係に止まらず、世界的に「とる漁業から育てる漁業」への転換が叫ばれる中、食ビジネス事業への展開をスタートするため社内組織体制を改め、新たに食品部を作りました。そして、新たな「食」の創出として「なまず」養殖に取り組んでいます。新しい食文化として展開を図るため自らの手で稚魚を生産し、加工販売する一貫方法のビジネスを目指しています。

代表取締役挨拶

Message from the CEO

新宮港埠頭株式会社 代表取締役 小池㬎二
新宮港埠頭株式会社 代表取締役 小池㬎二

私のモットーは、常に先を見据え新しい視点を持つことが必要と考えています。弊社は、新宮港供用開始から40年港湾運送業一筋に頑張ってきました。しかし、国内的な人口減少・少子高齢化の波がこの地方でも大きな社会問題となっています。特に産業の衰退は地方都市の活力を疲弊させていますが、新宮市では港の存在により、この流れにブレーキが掛かっていると言っても過言ではないと思います。私はこの地域の新たな活力と産業の振興を図り、雇用の場を作ることが必要だと常に考えており、この度、地域の特産を目指した「なまず養殖事業・水産加工業」を自ら興し、稚魚生産から加工販売までの一貫方法にて全国展開を図りながら、さらに地域社会に貢献する会社を育てたいと考えています。

会社概要

Company Profile

屋号
シングウポートフーズ
社名
新宮港埠頭株式会社(シングウコウフトウカブシキガイシャ)
本社
〒647-0061 和歌山県新宮市三輪崎3006
連絡先
TEL:0735-31-8110(食品部直通)
FAX:0735-31-6519
代表取締役
小池㬎二
設立
昭和53年9月30日 新宮市の第三セクターとして
資本金
1,000万円
事業内容
食品加工、販売
取引銀行
百五銀行 新宮支店
紀陽銀行 新宮支店
第三銀行 新宮支店(2017年3月末現在)

アクセス

Access Map

新宮港埠頭株式会社 食品部
シングウポートフーズ
住所:〒647-0061 和歌山県新宮市三輪崎3006
TEL:0735-31-8110
FAX:0735-31-6519
営業時間:8:00〜17:00
定休日:土日祝(夏季・冬季休暇有り)

商品ラインナップ

Lineup

シングウポートフーズは、素材に選び抜いた原料を使用し、独創的な商品作りを心掛けている食品メーカーです。

ブリの燻製

ブリ燻製

切り身

切り身 臭わないブリ

しらす

しらす釜揚げ・燻製

業務用

業務用ブリ加工食品